■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 犬の食物アレルギー(皮膚病)について

犬の皮膚疾患に悩んでいる方は沢山いらっしゃると思います。
なにをやっても再発を繰り返す、いつも痒がっている、というワンちゃん。
こんな子いませんか?
pyoderma1.jpg

中でも飼い主さん自身が「フードが合わない、フードアレルギーではないか?」
と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
もしくは、どなたかに「それは食物アレルギーだから、このフードに変えないとダメなんじゃない。」
と言われた、そんな方はいらっしゃいませんか?

ちょっと検索エンジンで「犬・アレルギー・フード」と調べるだけで相当数の情報がヒットします。
それだけ、フードと皮膚病の関係に関心が高いのでしょう。

そこで、今回、この皮膚とフードの「食物アレルギー問題」。
現時点における獣医学観点からの最新情報をお伝えします。

その前にちょっと確認です。
①アレルギーの原因はフードだけではありません。
②犬のアトピー性皮膚炎は比較的多いです!
 「アトピー性皮膚炎」と「食物アレルギー性皮膚炎」は違います。 
 アトピー性皮膚炎の原因の多くは、環境中のホコリや花粉の場合がほとんどでです。
③「食物アレルギー」と「食物不耐」は違います。
  食物不耐とは、例えば、大人になって牛乳飲んだら下痢をする。
  など、体に合わない(耐えられない)ことを言います。


勘違いしていませんか?
その1
「治りにくい」「もしくは繰り返す皮膚病」=フードによるもの(食餌アレルギー)と勝手に思いこんではいないでしょうか?

⇒動物病院に来院する犬の多くは皮膚科、耳科系で来院します。
その皮膚、耳疾患の全症例において、
食物アレルギーによる皮膚疾患は全体のわずか数パーセントにすぎません。
逆にいえば、皮膚疾患の犬すべてのうち、フードの変更で皮膚がよくなる犬は、
わずか数パーセントしかいません。

犬の皮膚疾患の原因の多い順番として、
細菌、真菌による皮膚病、寄生虫(ノミ、ダニ)、アトピー性皮膚炎、
ホルモン性皮膚疾患、食物アレルギー、接触もしくは薬物アレルギー
というのが多くの皮膚科専門医の意見です。

あなたのワンちゃんは、
たまたまその数パーセントの珍しい皮膚病に罹ってしまったのでしょうか?
皮膚の悪さを全てにフードのせいにしていないでしょうか。
獣医学的にその皮膚の原因を診断したのでしょうか。

再発を繰り返す、治りにくい=全てアレルギーのせい、
と信じて疑っていませんでしょうか。

その2
「血液検査の結果次第で、それに合ったフードを食べたら、皮膚が良くなる」
と信じていないでしょうか?
血液検査でアレルギーの原因が明確に判ると思ってませんか?

⇒「うちの子、血液検査で鳥肉と豚肉と牛肉がダメってでたの。
だから、ラムをベースにしたドッグフードにしています。でも、皮膚がいっこうに良くなりません」
「血液検査を行って、そのアレルギーの成分が入っていない対応フードにしたけれど良くならない」

なぜでしょうか?
その理由は簡単です。食物アレルギーではないからです。

よく行われるアレルギー血液検査は体内の中にある抗原に対する抗体
(抗体IgG,IgEの値)の数値を単に計っているにすぎません。

すなわち、血液検査によって,その子の体内に食品に対する抗体がいっぱいあるのは判ります。
しかし、その数字だけでは、その成分が本当に皮膚に悪影響を及ぼしているのか不明なのです。

血液検査のみで本当に食物アレルギーの診断と治療方針が判るならこんなに簡単なことはありません。
本当にそうであったら、
皮膚病で来院した犬に対して世界中の獣医師が血液検査を行うはずです。
実際にはそうではありません。

じゃあ、そんなこと言って現実問題、どーすればいいの、ということになります。
現在の獣医学において根拠のある方法をお伝えします。

まず、食物アレルギーを疑う前に、それ以外の皮膚病を候補から無くします(除外診断)。
典型的な細菌感染ではないか、ノミダニはいないか、カビ(真菌)ではないか、ホルモン失調はないか、アトピーはないかなどなど・・・。
それらの皮膚病がすべてNOとなれば、食物アレルギーを疑います。
疑ったなら、フードを変更して試験を行います。

使うフードは蛋白質を加水分解した専用フード(アレルギー除去食)を6週間与えます
除去食試験)。
その間は一切ほかのものを与えてはいけません。
もちろん、おやつ関係もダメですよ。
もし、そのアレルギー除去食のみで、皮膚が良くなったら、
食物アレルギーが疑われます(この段階でもまだ疑い、ですが)。

良くなったら、もう一度、以前に与えていたフードに戻してみます(誘発試験)。
そして、また以前と同様の皮膚病変が起きればその食物に対してのアレルギーである、
として診断が確定されます。

(厳密には、そのアレルギー除去食でも、アレルギーが出るワンちゃんがいると言われていますが、それとて本当にごくわずかです。そうなった時は、運が悪いと思って原因物質の特定は諦めてください)。

ちなみに、除去食は、普通のアレルギー対応フードより高価ですので、
6週間の試験にはそれなりにお金がかかります。
しかし、IgGやIgEを調べる血液検査も同じくらいしますので、
最低限の費用で食物アレルギーかどうかを確定した方は、
アレルギー除去食試験を試すことをお勧めします。

フードと皮膚の関係性(食物アレルギー)で現在判っていることを書きました。
ですので、
「このフードで簡単に皮膚がすぐに良くなる」とか
「この検査すれば、アレルギーかどうか簡単に判る」
という話には落とし穴があります。
皮膚病に関して、「簡単に」「すぐに良くなる」という言葉にはありませんので用心してください。

さらに余談ですが・・・・。

アトピー性皮膚炎は、食物アレルギーと比較しても比較的多い皮膚病で、しばしばみられます。
アトピー性皮膚炎の診断基準は

Dr.Willemseが提案した「犬のアトピーの定義」というものがあります。
各定義のうち少なくとも3項目ずつ充たす。

大定義

・掻痒(かゆみ)
・顔面および/あるいは肢端(足の先)の発症
・足根の屈筋面あるいは手根の伸筋面の苔癬化(象の皮膚のようにゴワゴワしている)
・慢性あるいは慢性再発性(何度も繰り返し発症する)の皮膚炎
・アトピーの家族歴
・好発犬種
 (ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、柴犬、ラブラドール・レトリーバー、シーズーなど)

小定義
・3歳齢以下の発症
・顔面の紅斑と口唇炎
・細菌性結膜炎
・表在性ブドウ球菌性膿皮症
・多汗症
・吸引アレルゲンへの皮内反応試験陽性
・抗原特異的IgGの上昇
・抗原特異的IgEの上昇


おわりに。
最初にお見せした写真は、フレンチブルちゃんの皮膚病です。
食物性のアレルギーではありません。
ブドウ球菌による膿皮症という、
夏場の犬ではもっともよくみられる皮膚病です。
もちろん、フードの変更では治りません。
ブドウ球菌を退治する抗生物質と皮膚を綺麗にするシャンプーで治ります。
ワンちゃんの皮膚疾患で悩んでいる方、ご相談ください。
スポンサーサイト

■ はじめてのわんちゃんがお家に来たら

はじめてわんちゃんを飼い始めて、いろいろ病気の予防をしなきゃいけないって聞いてるけれども、よくわからない、そんな風に言われることが度々あります。
ここでは、はじめてわんちゃんと暮らし始めた方に、予防すべきものをご説明します。
kogi.jpg



(1) 狂犬病予防接種
わんちゃんと暮らすうえで最も耳にするのがこの狂犬病。狂犬病予防接種は、法令で定められている予防接種です。
しかし実際には1957年より狂犬病の発症が知られておらず、
我が国は世界的に見ても数少ない狂犬病清浄国です。

接種が終わったら各行政(市や区)へわんちゃんの登録を行います。
登録は、飼い主さんでも出来ますし、動物病院でも代行しているケースも多いようです。
接種は年に一度行います。

狂犬病予防接種の時期はだいたい4~5月が主ですが、
一年を通じで接種することは可能です。
当院では、大田区、世田谷区の方には、無料での登録の代行を行っております。
新規登録料3000円(区へのお支払い)
手数料550円(区へのお支払い)
狂犬病注射料3000円

(2) 伝染病予防の為の混合ワクチン
伝染病予防の為のワクチンは、ジステンパー、パルボ、レプトスピラ、肝炎、コロナウイルスなどを一度に予防できる混合ワクチンが一般的です。
ワクチンの中に入っている病気の数によって3種混合、5種混合とか8種混合、9種混合など呼んで区別しています。
その中には恐ろしい致死的な病気が幾つか知られています。
日本での発症がみられない狂犬病とは異なり、散歩コースやわんちゃんが集まる公園などの場所で感染する可能性が高い病気です。

当院では5種混合ワクチンと8種混合ワクチンの2種類から選択していただいています。
5種混合ワクチンは主に室内犬や小型犬、8種混合ワクチンは主に大型犬や、
キャンプ、野山によき行くわんちゃんに。
詳しくは獣医師と相談して 決めましょう。
追加接種は毎年1回行います。
ワクチン接種をしたら日付を忘れずにメモをしておきましょう。

(3)フィラリアの予防
フィラリアとは、犬糸状虫症のことを指していいます。
フィラリアは、蚊の媒介によって感染する寄生虫で、「そうめん」の様な長い寄生虫がわんちゃんの血液や心臓に寄生する恐ろしい病気です。
昔、長生きできなかったわん ちゃんの多くはこのフィラリアによって命を落としていました。

近年では、 安全なクスリによって容易に予防できる病気ですので、
もし、この病気に感染させてしまったとしたらそれは飼い主さんの責任と言い換えることができます。

予防は月に一回飲ませるクスリや背中に滴下するスポットタイプなどありますので、
獣医師と相談して決めましょう。
予防の期間は蚊が出始めてから投薬を始め、
蚊が見えなくなって1ヶ月先までの予防になります。
したがって生活地域によっても異なりますが、
普通は5, 6月より11,12月までが多いようです。
 
(4)ノミ、ダニの予防
ノミ、ダニは、散歩コースや草藪などのあるところに潜んでおり、
わんちゃんが近づいたときに被毛に飛び乗り皮膚へ移動して吸血を行います。
そして、痒みや皮膚病の原因になります。
以前はノミ取り首輪などが多く使われていましたが、
現在では、少量の液体のクスリを首すじや背中に垂らすスポットタイプが主流になりつつあります。
このタイプは1~1ヶ月半に一度、投薬します。

通常、3~5月の温かくなる季節より始めます。
当院では、ノミ、ダニ予防にスポットタイプであるフロントライン、レボリューション
を主に処方しています。



以上、わんちゃんと暮らし始めたときに準備しておかなければならない病気の予防措置になります。その他、糞便検査や随時の健康診断などはかかりつけの獣医師に相談し、日常より十分、大切なわんちゃんの健康管理に気を付けておきましょう。
なにより病気にさせないのが一番、万一おかしな事があれば、
あまり様子を見ずに、早期発見、早期治療を常に念頭に、
末永くわんちゃん達と暮らしていきたいものです。

■ 不妊手術について

わんちゃん、ねこちゃんを飼いはじめてしばらくすると、
まず、始めにぶつかる大きな疑問が不妊手術をするかどうか、
という問題です。
この問題を解決するには、いろいろな角度から考えて決めなければなりません。
まず、不妊手術をするメリットとデメリットを挙げてみます。


■不妊手術をする場合のメリット
1. 発情の時期のストレスから開放される。年間を通じて健康状態が安定しやすい。
2. 発情に関連する行動が軽減される(外に出たがる、マーキング、遠吠え、生理など)
3. 病気の予防につながる(睾丸、前立腺、子宮の病気、乳ガンなど)
 
■不妊手術をする場合のデメリット
1. 全身麻酔をかけて手術を行う。
2. 健康なのにメスを入れるのは痛い思いをして可哀相
3. 太りやすくなる



一般には、猫ちゃんでは、ほとんどの方が不妊手術を行って飼育しています。
わんちゃんも、乳がんや子宮関連疾患の予防をかねて若い時期に手術してしまう方が
年々増加傾向にあります。
いつまでに手術をしないといけない、ということもありませんが、
高齢になって病気になって手術をすることにはリスクが高くなります。

いろいろな角度から、捉え考えた上で、もの言わぬ動物に代わって
飼い主さんが決定しなければなりません。


猫ちゃんに限り、大田区の在住の方は、大田区より不妊手術料が一部負助成されます。
以下をお読みください。

大田区の猫の不妊手術助成金制度
発情期になると室外に出て行くねこちゃんは異性を求めて外をさまよいます。
その際に、交通事故を起こしてしまったり、 他のねこと喧嘩をしてしまうことがあります。
また、不用意な妊娠、出産は不幸なねこちゃんを増やす結果となります。
それらをうけて、大田区では、捨て猫や野良猫が増えないように、飼い猫の去勢・不妊手術を奨励し、 手術料金の一部を助成しています。
不妊手術はたいてい生後半年から一年以降になれば手術を行うことが可能です。

対象………………依頼主が大田区在住であること

助成方法…………通常の手術料金より助成金額を差し引きます
            手術料金はお電話にてご確認ください

助成金額………・・雄:3150円 雌:6300円
申し込み方法…… 病院でお渡しする書類に記入、捺印をしてください。

手術・入院期間…通常は入院1泊2日(手術当日の午前中来院、翌日退院)
           ※手術当日の食餌・飲水は避けてください。
           ※退院後はエリザベスカラーの装着、抜糸の必要としない方法です。

不妊手術を行うには、事前に健康状態のチェックが必要です。
お電話にてご確認ください。
Tel:03-5483-7676

■ ミニチュアダックスの椎間板ヘルニア

ミニュチュアダックスは人気犬種で飼育増加傾向にあります。
それに伴って椎間板ヘルニアも多くみられるようになりました。

医学的な情報は詳しく出ているサイトがありますので、
ここでは、もっと実際どーなの、というようなざっくばらんな情報を
提供いたします。

椎間板ヘルニアはとても厄介な病気です。
飼い主にとっても、獣医師にとっても。

下半身がふらつく、歩きつらそう、歩けない、
などの症状とダックスという種類、簡単な身体検査で
「なんとなくヘルニア」「ヘルニアが怪しい」
という診断を付けることは可能です。

しかし、それが本当にヘルニアを起こしていて、
数ある背骨の中でどこが原因なのか特定するのは結構面倒です。

一般的なレントゲンでは、椎間板は映らないからです。
背骨の中に造影剤を入れたり、CTやMRIを撮らないと
病気の状態を正確に把握することが出来ません。
実際、MRIクラスになると、東京にはごく少数の専門施設がありますが、
地方ではMRIの撮影自体困難になります。

hemi5.jpg
背骨を縦切りにしたMRI画像です。
(胸の13番目の背骨(T13)と腰の1番目の骨(L1)の間の椎間板が飛び出しています)

治療には、
内科的治療(お薬)によるものと外科的治療(手術)によるものの2つがあります。
2つにひとつという簡単な選択のようですが、

実際には、

1.内科と外科どちらが優れているかはほとんど差はない。
事実、
2.内科治療を選択しても高率に良化する。
しかし、
3、再発を繰り返す子もいる。
たまに、
4.中には外科をしないと治らない子もいる、
でも、
5.外科を行うためには、飛び出した部位の特定が必須条件、
おまけに、
6.外科は発病から手術までの時間がとても重要(早いほうがよい)
もちろん、
7.外科を行ったとしても良くならない子もいる、
あげくに、
8.MRIや外科を行うと費用がかさむ。

これらを見ただけでも
飼い主様がいかに悩み倒し、
診断治療する獣医師にとってもいかにプレッシャーが高い病気だということが分かります。

具体的には
内科は発生部位の特定は必須ではなく、ステロイド剤の投薬と安静を行い経過を見ます。

外科は背骨に窓を開けて、そこから飛び出した椎間板を取り出します。
hemi4.jpg
背骨を開けるのでうつ伏せの体勢をとります。

snap_jigumo2001_201035132148.jpg
赤の平行線の内側が脊髄。下から脊髄を圧迫している椎間板を掻きだします。

hemi2.jpg
これが激痛やマヒを引き起こす原因の椎間板物質。こんなに小さいものです。

hemi3.jpg
術後はマッサージや水泳、レーザーなどのリハビリを行います。

いずれの治療を行うにしても、
主治医とよく相談して行ってください。
相談だけでも当院で行えますので、セカンドオピニオンにご利用ください。

■ はじめてのねこちゃんがお家に来たら

はじめてねこちゃんを飼い始めて、いろいろ病気の予防をしなきゃいけないって聞いてるけれども、よくわからない、そんな風に言われることが度々あります。ここでは、はじめてねこちゃんと暮らし始めた方に、まず、動物病院にて予防しなければならない項目を簡潔にご説明します。

2003_05_28_19.jpg



(1)混合ワクチン
まず、はじめに、ねこちゃんを飼い始めたら、ワクチンが接種されているか確認しましょう。ワクチンは、仔猫(生後半年以内)であれば、2回~3回、成猫であれば毎年一度ワクチンを接種します。かかりつけの獣医師と相談して、その子に適したワクチンプログラムを組みましょう。

ワクチンの種類には、ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つの病気が入った、3種混合ワクチンが一般的です。最近では、それに猫白血病ウイルスの入った4種混合、さらにクラミジア(猫ひっかき病)の入った5種混合などがあります。ワクチン接種の際に、糞便検査も一緒にやってもらうと安心です。
 
(2)ノミ、ダニの予防
ノミ、ダニは、草藪に潜んでいたり、外で生活しているねこちゃんが持っており、飼いねこちゃんが近づいたときに被毛に飛び乗り、皮膚へ移動して吸血を行います。そして、痒みや皮膚病の原因になります。
ノミは、人も刺しますし、またサナダムシ(瓜実条虫)の媒介者にもなります。
以前はノミ取り首輪などが多く使われていましたが、現在では、少量の液体のクスリを首すじや背中に垂らすスポットタイプが主流になりつつあります。このタイプは1~1ヶ月半に一度、投薬します。通常、3~5月の温かくなる季節より始めます。

当院では、ノミ、ダニ予防にスポットタイプであるフロントライン、アドバンテージを主に処方しています。かかりつけの先生に相談してみてください。
 
(3) ねこちゃんのフィラリア症
「フィラリア」というとわんちゃんの寄生虫として愛犬家の中では有名ですが、ねこちゃんに感染することはあまり知られていません。ここでいうフィラリアとは、犬糸状虫のことを指していいます。フィラリアは、蚊によって媒介され感染する寄生虫で、「そうめん」の様な長い寄生虫が血液や心臓に寄生する恐ろしい病気です。

フィラリアは、主に食肉目のイヌ科の動物に寄生しますが、ごくまれにねこちゃんに寄生することが判ってきました。ねこちゃん全体の1~2パーセントにフィラリアが寄生しているという報告もあります。特に、わんちゃんのフィラリア症の発症率の高い地域では、よりねこちゃんの発症率も高いといわれています。
フィラリア症になると、なかなか治まらない咳、呼吸困難やおう吐、疲れやすくなったり元気が無くなるなどの漠然とした症状が多いようです。時に突然死をすることもあります。
ただし、ねこちゃんのフィラリアに関しては、いまだ判らないことも多く積極的に予防措置を行っている飼い主の方はまだまだ少ないようです。
もし、ねこちゃんのフィラリア症について詳しくしりたい、予防したいという飼い主さんがいましたら、一度かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

◇◆◇不妊手術(避妊手術と去勢手術)について◇◆◇
子供を作らないのであれば、不妊手術も病気の予防や行動治療の一環となります。
室外に出て行くねこちゃんは、発情期になると異性を求めて外をさまよいます。
その際に、交通事故を起こしてしまったり、他のねこと喧嘩をしてしまうことがあります。
雄のねこちゃんは、大人になると、部屋の壁などに臭いの強いスプレーを行うマーキングを行います。
不妊手術はそのような行動を未然に防ぎます。
また、歳をとってからの卵巣や精巣の病気から開放されることもあります。
ただし、不妊後はやや太りやすくなる傾向がありますので、餌の量や運動量に注意します。
不妊手術はたいてい生後半年から一年以降になれば手術を行うことが可能です。
かかりつけの先生に相談してみるとよいでしょう。



以上、ねこちゃんとの暮らしに知っておかなければならない病気の予防措置になります。その他、随時の健康診断や糞便、尿検査などはかかりつけの獣医師に相談し、日ごろより大切なねこちゃんの健康管理に気を付けておきましょう。
なにより病気にさせないのが一番、万一おかしな事があれば、あまり様子を見ずに、早期発見、早期治療を常に念頭に、末永くねこちゃん達と暮らしていきたいものです。

| TOP | NEXT >>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。